名ばかり管理職と管理監督者

名ばかり管理職

管理監督者の条件というのは、以下の3点です。

○経営者と同様の立場
○勤務時間や休暇などの規定にしばられない
○一般社員と比べて賃金面で優遇されている


労働基準法上は、『管理監督者には残業代を払わなくてよい』とされてますが、第41条でいう「管理監督者」と一般的に言われている「管理職」という概念は別の物であり、管理職だから残業代を払わなくて良いと言うのは間違いです。


「管理監督者は、経営者と同等の地位にある者」であり、「課長(管理職)になったから残業代が出ない」というのは、誤った考えです。
また、「人事権や裁量権を持ち、経営判断ができる者」というのが、管理監督者であることの条件の一つで「部下がいない課長」というのは管理監督者には該当せず、発言権も無く、上の指示にしたがって行動する者も同様に管理監督者にはなりえません。

次に、管理監督者は勤務時間や休暇などの規定に縛られない者であり、勤務時間等が定められ、それに従うというのであれば、管理監督者という意味からは外れることになります。

さらに、一般社員に比較して賃金面で優遇され、多少の残業があったとしてもそれを補えるぐらいの手当がある事。
管理職になって給料が下がったというのは、それがあまりにも著しい場合は、実質を伴わない管理職名をつけることで残業代を免れようとするのは問題です。

posted by 労働法 at 22:15 | 労働基準法>管理職問題

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。