名ばかり管理職問題 マクドナルド@

名ばかり管理職 マクドナルド @

日本マクドナルドの現役店長による未払い残業代と慰謝料を求めた訴訟において、1/28、東京地裁は日本マクドナルドに対し、約750万円の支払いを命じた。

今回争点となったのは、店長が「経営者と同等の立場であり、労働基準法上で残業代を支払わなくてよいとされる管理監督者」に当たるか否か。

東京地裁は「経営者と一体的立場といえる重要な職務と権限はなく、労働時間の裁量もない」と認定。
さらに「一部店長は部下の年収を下回り、待遇も不十分」とも指摘、管理職ではないとし、非管理職として一般社員と同様に残業代を受け取る権利があるとした。

一方、日本マクドナルドは「店長就任までの平均勤続年数は約10年。給与、職務権限、勤務時間の自由度など管理監督者としての要件を当社の店長は満たしている」として、控訴しています。



posted by 労働法 at 22:10 | 労働基準法>管理職問題

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。