フルキャストと偽装請負


フルキャスト偽装請負

「フルキャストが労働者派遣法違反で業務改善命令」
労働者派遣法と言う法律に違反した事で、処分が下されました。


労働者派遣は、事業主(派遣元)が雇用した労働者を、他の事業主(派遣先)に派遣して、派遣先の指揮命令を受けて労働させる事を言います。

一方、請負とは、受け入れ会社(派遣先)の指示に従う「労働者派遣」と違い、受け入れ会社は請負会社を通してしか指示できなません



労働者派遣法では、「労働者と派遣元の会社」の間で、雇用関係を結ぶことになります。
つまり、この場合は、労働者とフルキャストの間に雇用関係があるということです。

逆に、フルキャストに雇われている労働者と、その労働者が派遣された先(派遣先)の間には、雇用関係はありません。
派遣先は、労働者に対して、仕事などの業務指示(指揮命令)をするのみとなります。



また、請負の場合、労働者派遣事業の様に国への届出や許可が必要ないため、労働者派遣法で派遣が禁じられていた業種にも、請負の形で派遣されていた問題がありました。

相手方の指揮命令を受けない「請負」と言う契約の体裁をとりながら、実際は、相手の指揮命令を受けて働くという「派遣」と言う場合、これを偽装請負と言います。

偽装請負は、労働者派遣法で派遣が禁じられている業種に、請負と言う形で労働者を派遣する為のものです。


偽装請負の問題


posted by 労働法 at 20:25 | 労働者派遣法>派遣法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。