労災 特別加入 一人親方

労災 特別加入制度 一人親方

労災は労働者用の保険なので、基本的に事業主や一人親方など自営業者は加入できません。
しかし、業務の実情、災害の発生状況などを考慮し、特別に労災保険への任意加入を認めています。

これを特別加入制度と言います。

業務上の負傷や疾病の発生する可能性の高い特定の作業に従事する場合に、労災保険に特別加入できます。

 


2007年6月の最高裁判例でも、「工務店と雇用関係がなく、出来高払いで仕事を請け負う大工」は、労災保険法に言う労働者ではないと判断されています。


一般的に一人親方とは、他人を雇わずに特定の工務店から一人で工事を請け負い、出来高制で報酬を受ける形態を言います。
この一人親方として働いていた大工の男性が、仕事中に負傷した事に対して労災申請しましたが、支給を認めなかった労働基準監督署の処分取り消しを求めた裁判です。

労働基準監督署は、この男性を「労働者ではなく、個人事業主に当たる」として保険法に基づく休業・ 療養補償の支給を認めませんでした。

posted by 労働法 at 12:17 | 労災>労災関係

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。