労災 第三者行為災害

労災 第三者行為災害について
 
第三者行為災害とは、労災保険の給付の原因である事故が、第三者の行為などで発生した場合を指します。
また、労災保険の受給権者である被災労働者又は遺族に対して、第三者が損害賠償の義務を有している場合をいいます。


第三者行為災害では、被害にあった人は、その第三者に対し損害賠償請求権を得ると同時に、労災保険に対しても給付請求権を得る事となります。

しかし、第三者と労災の両方から重複して給付を受けるのは、実際の損害額より多くの支払いを受けることになります。

この為、労働者災害補償保険法第12条の4において、第三者行為災害に関する労災保険の給付と民事損害賠償との支給調整を定めています。

先に政府が労災保険の給付をしたときは、政府は、第三者へ対しての損害賠償請求権を労災保険の給付の価額の限度で取得するものとしました。
政府が取得した損害賠償請求権を行使することを「求償」といいます。

また、被災者が第三者から先に損害賠償を受けたときは、政府は、その価額の限度で労災保険の給付をしないことができることとされ、これを「控除」といいます。

なお、ここで言う「第三者」とは、当該災害に関係する労災保険の保険関係の当事者以外の人の事を言います。


posted by 労働法 at 14:30 | 労働基準法>労働者

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。