労災 業務災害

労災 業務災害について
 
労災で言う、業務災害とは、労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡を言い、業務が原因となった災害という意味です。

なお、労災が認められる為には、業務と傷病等との間に一定の因果関係がある必要があります。

業務災害に対する保険給付は条件があります。
・労働者が労災保険が適用される事業場に雇われて働いている事
・そこでの仕事が原因となって発生した災害である事

@事業主の支配・管理下で業務に従事している場合

通常の勤務時間や、残業時間内に仕事場で業務に従事している場合が該当し、特段の事情がない限り、業務災害と認められます。


ただし、次の場合には業務災害とは認められません。
・労働者が就業中に私用を行い、又は業務を逸脱する恣意的行為が原因となって、災害を被った場合
・労働者が故意に災害を発生させた場合
・労働者が会社とは無関係な事で、第三者から暴行を受けて被災した場合
・天災で被災した場合
(ただし、天災に際して災害を被りやすい場所での業務等の事情がある場合は、業務災害と認められます)

A事業主の支配・管理下にあるが業務に従事していない場合
昼休みや就業時間前後に事業場施設内にいる場合でも、その間の行為そのものは私的行為です。

しかし、災害が事業場の施設・設備や管理状況などが原因で発生した場合は業務災害となります。
 

B事業主の支配にあるが、管理下を離れて業務に従事している場合
出張や社用での事業場施設外で業務に従事している場合が該当します。

命令によって社外で働いている場合でも、事業主の支配下にあると判断されます。
積極的な私的行為を行うなど特段の事業がない限り、一般的には業務災害と認められます。
posted by 労働法 at 02:11 | 労災>労災関係

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。