労災 手続 葬祭料・葬祭給付

労災 葬祭料・葬祭給付とは?

葬祭料は、労働者が業務上の理由で死亡した場合に、その遺族(葬祭を行なう者)の請求の基づいて支給されます。
一般的には遺族ですが、遺族が居なくて社葬を行う場合などは、『葬祭を行なう者』は会社となります。

一方、葬祭給付は、労働者が通勤により死亡した場合に、葬祭を行う者に対し、その請求に基づいて支給される給付です。


なお、葬祭料・葬祭給付は、死亡した労働者との生計維持関係は問われません。


葬祭料・葬祭給付の額は、315,000円に給付基礎日額の30日分を加えた額です。
ただし、その金額が給付基礎日額の60日分に満たない場合は給付基礎日額の60日分が支給されます。
どちらか高い方が支給される事になります。


葬祭料・葬祭給付請求時に必要となる書類の提出先は、労働基準監督署になります。

・葬祭料請求書又は葬祭給付請求書
・死亡診断書又は死体検案書
・除籍謄本
・住民票除票(亡くなった方の名前の記載のあるもの)
・印鑑
・葬祭料又は葬祭給付の振り込み先金融機関名口座番号が確認できるもの


注意点
葬祭料及び葬祭給付の請求権は2年で時効となり消滅します。
posted by 労働法 at 01:54 | 労災>給付

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。