労災 手続 休業(補償)給付

労災 休業補償給付とは?

業務上又は通勤による負傷や疾病による療養のため休業して、賃金が貰えない場合、働けなくなった日の4日目から休業(補償)給付と休業特別支給金が支給されます。

なお、最初の日から3日間の分は、労働基準法に基づいて、会社が、同じように60%を補償します。

支給金額は以下の通りです。
休業(補償)給付 = (給付基礎日額の60%) × 休業日数
休業特別支給金 = (給付基礎日額の20%) × 休業日数


 
必要書類は、所轄の労働基準監督署長へ 提出します。

○業務災害の場合は様式第8号の休業補償給付です。
・休業補償給付支給請求書
・休業特別支給金支給申請書

○通勤災害の場合は様式第16号の6 の休業給付です。
・休業給付支給請求書
・休業特別支給金支給申請書


療養のため労働できないため賃金を受けない日毎に請求権が発生し、その翌日から2年を経つと時効となります。

労働災害の傷病のため死亡又は、休業見込み4日以上の場合、事業主は遅滞なく所轄労働基準監督署へ報告しなければなりません。

給付基礎日額とは、原則として、労働基準法の平均賃金に相当する額をいいます。
posted by 労働法 at 01:52 | 労災>給付

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。