労災 手続 傷病(補償)年金

労災 傷病補償年金とは?

業務災害又は通勤災害による傷病が、1年6ケ月を経過した日、又は同日以後において治っておらず、傷病による障害の程度が傷病等級に該当する場合に支払われます。

この給付は、休業(補償)給付を受けている労働者に対して、労働基準監督署長の職権で休業(補償)給付に換えて「傷病(補償)年金」を支給するものです。
ただし、必ずしも休業(補償)給付を受けている事が支給要件ではありません。



@給付される為の条件は以下の通りです。
・業務上又は通勤による負傷や疾病による療養開始後1年6ヶ月を経過している。
・その傷病が治っていない。
・その傷病による障害の程度が傷病等級表の傷病等級に該当すること。
(労働者災害補償保険法施行規則 傷病等級表)

A支給される金額

傷病等級第1級の場合
傷病(補償)年金給付・・・基礎日額の313日分
傷病特別支給金(一時金)・・・1,140,000円
傷病特別年金・・・算定基礎日額の313日分

第2級の場合
傷病(補償)年金給付・・・基礎日額の277日分
傷病特別支給金(一時金)・・・1,070,000円
傷病特別年金・・・算定基礎日額の277日分

第3級の場合
傷病(補償)年金給付・・・基礎日額の245日分
傷病特別支給金(一時金)・・・1,00,000円
傷病特別年金・・・算定基礎日額の245日分


なお、傷病特別年金の受給は、傷病(補償)年金の受給権者である事が必要です。



この支給に関しては、労働基準監督署長の職権によりますので請求手続きはありません。

ただし、療養開始後1年6ヶ月経過しても傷病が治っていないときは、経過後1ヶ月以内に『傷病の状態等に関する届』様式第16号の2を所轄の労働基準監督署長へ を提出する必要があります。

また、療養開始後1年6ヶ月経過しても傷病(補償)年金の支給要件を満たしていない場合は、『傷病の状態等に関する報告書』 様式第16号の11 所轄の労働基準監督署長へを毎年1月の休業(補償)給付請求時に併せて提出する必要があります。
posted by 労働法 at 01:42 | 労災>給付

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。