労災 労災病院

労災 労災病院とは?

労災病院は、労働者の職業生活を医療の面から支えるという目的を持った病院です。

その為、労働災害の予防や傷病の治療、リハビリを行い、職場復帰への高度・専門的医療を提供しています。
また、職場における健康確保のための活動への支援も行なっており、労働者の早期職場復帰及び健康確保という役目を負っています。


日本全国には、35の労災病院があり、約14,000のベッドを有しています。

労災病院は、地域住民にも利用され、地域病院としての役割も果 たしています。


労災病院一覧



労災病院は、労災で療養の給付を受ける場合に、違いが見られます。

労災で療養補償給付を受ける場合は、療養の給付と療養の費用の支給と言う二種類があります。
療養の給付に関しては、労災病院又は労災指定医療機関等で療養する場合に行なわれ、療養の費用の支給に関しては、労災病院又は労災指定医療機関以外の医療機関等で療養する場合にされます。

posted by 労働法 at 10:31 | 労災>他

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。