労災請求

労災の請求について

労災保険給付請求は、労働者が死亡した場合以外、まず、療養の給付から行なわれます。

会社・事業所のある所轄の労働基準監督署長宛に請求します。

?@労災が指定する医療機関で受診するのが原則です。
療養の給付請求書を提出します。
業務災害は様式第5号、通勤災害は様式第16号の3を提出します。


?A休業する日が4日目以上の場合は、休業(補償)給付支給請求書を直接、労働基準監督署長へ提出します。
業務災害は様式第8号、通勤災害は様式第16号の6を提出します。


?B指定されていない医療機関で受診した場合は自費負担をすることになります。

そして、後日、療養の費用請求書を直接、労働基準監督署長へ提出します。
業務災害は様式第7号(1)、通勤災害は様式第16号の5(1)・様式第16号の5(5)(別紙)となっています。

これら請求に必要な様式等請求書類は労働局・労働基準監督署にあります。

posted by 労働法 at 10:07 | 労災>労災関係

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。