労災保険

労働保険と労災保険

労災保険労働者災害補償保険法)と雇用保険を合わせて労働保険といいます。

労災保険は、事業所で働く労働者が業務上の事由(または通勤途上)により受けた疾病、怪我による障害や死亡等に対し、補償を行う事で労働者やその家族を保護することを主な目的としています

なお、労働者の福祉のために施設を作るなどの労働福祉事業も行っています。
この労働福祉事業とは、被災労働者の社会復帰の促進、その遺族に対する援護等を行うもので、労災病院や休養施設の設置、学費等費用の援護、資金の貸付などがあります。


労災保険は各都道府県の労働基準局、各地域の労働基準監督署が事務の窓口となっています。
その為、、届出書類の提出や保険料の納付は事業所のある地域を管轄する労働基準監督署で行うことになります。

また、社会保険と同様に一定の条件に該当すれば労働保険事務組合をつくり、事務処理を組合に委託することもできます。

posted by 労働法 at 10:06 | 労災>労災関係

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。