労働基準法 違反 人事異動・配転命令

労働基準法 違反 人事異動・配転命令について

使用者が労働者に対し、一方的に配置転換等を命じることを一般に「配転命令」といいます。

この様な配転命令は一般的に人事異動として知られており、不要な部署を閉鎖し、不採算店の強化のため転勤等、特に株主総会が終わる時期に多く見られます。


○配地転換
勤務地は変わらず、職務内容の変更

○転勤
配地転換で、勤務地の変更もある

○出向
籍を自社に置いたまま、他社に勤務する

○転籍
自社から勤務先の会社に籍を移して勤務する



配置転換は、従業員の配置を変更する事で、職務内容や、勤務地が長期間変更されるものをいいます。
配置転換の中で、勤務地を変更するものを転勤といい、出向とは、企業外の関連企業や下請企業に転出する場合のことをいいます。

どれも人事異動の一種で、技術革新や組織変更などの必要から、余剰人員を再配分し、事務効率の向上を図る為行うものといえます。

ただし、この様な配転命令を会社が行うには、労働契約や労働協約、就業規則等の根拠が必要であり、そういった根拠のない場合は、権利濫用に当たるとして、命令が無効になる例もあります。
権利濫用か否かは、「業務上の必要性」と「労働者の不利益」を比較して判断することになります。



組合に入っている場合は、問題があった場合は組合に相談するのが一般的です。
労働者と使用者の紛争の解決には、都道府県労働局紛争調整委員会による「あっせん」があります。
posted by 労働法 at 03:43 | 労働基準法>違反

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。