個別労働関係紛争 紛争解決

個別労働関係紛争 紛争解決について

都道府県労働局長は、個別労働関係紛争について、当事者の双方又は一方からあっせんの申請があった場合において、当該紛争の解決のために必要があると認めるときは、紛争調整委員会にあっせんを行わせるものとするとしています。


また、都道府県労働局長は、個別労働関係紛争の未然防止及び自主的な解決の促進のため、労働者又は事業主に対し、情報の提供、相談その他の援助を行い、当事者の双方又は一方からその解決につき援助を求められた場合には、当事者に対し、必要な助言又は指導をすることができます。


○学識経験者を有する者のうちから厚生労働大臣が任命する委員で組織されます。
○委員は、双方の主張の要点を確かめ、実情に応じて事件が解決されるよう、あっせんを行います。
posted by 労働法 at 22:02 | 個別労働関係紛争

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。