労働契約法 労働契約法の問題

労働契約法 労働契約法の問題について

企業の組織形態の変化や、社会形態の変化などによって、就業環境も大きく変化しています。
現行の労働基準法では労働契約に関しての調整が上手くいかなくなっており、労使の紛争も増加しています。

これらの問題を解決するために、使用者・労働者の労働契約に関する取り決めを明文化する為に新法設立の動きがあります。
この新しい法律を労働契約法と言います。


厚生労働省が制定を目指している新たな労働法制である「労働契約法」ですが、労働条件を決める際の基本的なルールや手続きを明確にすることで、労働契約や解雇をめぐるトラブルを防止する狙いがあります。
しかし、厚労省は2007年にも法案を国会へ提出したい意向のようですが、異論が少なくありません。

連合は「労使委員会制度は労働組合との性質や役割の違いが不明確」「労使委員会の民主制確保のための方策が示されていない」といった点を指摘し、全労連も「金銭解決制度は金で違法な解雇を合理化するものであり、リストラを促進する」と反発しています。




posted by 労働法 at 05:40 | 労働契約法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。