労働契約法 労働契約と請負・委託

労働契約法 労働契約と請負・委託について

労働契約と間違えられやすい契約に「請負」や「委託」があります。

労働契約を結んだが場合、仕事上の指令命令を受け、就業時間・場所の指定があり、労働基準法の保護されているのに対して、請負、委託契約にはそれらのものがありません。
中には、会社と労働契約を結んだつもりでも、その後、契約書をよく見ると 請負契約だったということもありますので、事前に確認する事が重要です。

ただし,請負契約や委託契約であっても,就業時間や就業場所が指定されていたり仕事上の指揮命令を受けるなどの、事実上の労働契約であるとみなされる場合には,労働基準法をはじめとする労働者を保護する法律が適用されます。


posted by 労働法 at 05:36 | 労働契約法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。