労働者派遣法 紹介予定派遣

労働者派遣法 紹介予定派遣と一般派遣について


紹介予定派遣は、正社員としての採用を前提にして派遣されるもので、派遣期間終了後、派遣先と本人の合意により、雇用契約を交わすというシステムです。

2004年3月1日の改正で紹介予定派遣の定義が法律上明確となり、運用上の制限も緩和された為、このシステムを利用する企業も増えてきています。

この派遣形態のメリットとしては、労働者の派遣期間中に、派遣先は相手の業務遂行能力等が直接雇用するのに相応しいか見定め、派遣労働者は派遣先における仕事を見定めることができます。


以下の点が一般派遣と異なります。
@派遣期間は6ヵ月を超えてはならないこと
A派遣先からの特定行為が禁止されないこと(一般派遣で禁止されている事前面接、履歴書の送付行為が可能)
B派遣元は、労働者を雇入れるに際、紹介予定派遣の派遣労働者であることを明示しなくてはならないこと

また、医療機関等への医療関係業務(医師、看護師等)の派遣は、紹介予定派遣に限り認められるようになりました。


注意点としては、紹介予定派遣を受けた場合、職業紹介を希望しなかったり、派遣労働者を雇用しなかった場合は、派遣先は派遣元の求めに応じ、理由を明示しなければなりません。

また、派遣元は、派遣労働者の求めに応じて、派遣先に対し理由の明示を求めた上で、明示された理由を、労働者に対して書面で明らかにする必要があります。

posted by 労働法 at 20:55 | 労働者派遣法>派遣法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。