労働者派遣法改正 その他

労働者派遣法改正 その他

○派遣労働者の雇用の安定

派遣労働者の雇用の安定を図るための措置として、派遣元事業主は、派遣労働者の希望を考慮する必要があります。

例えば、派遣元での雇用契約期間を、労働者派遣の期間と合わせる等です。
また、派遣先は、派遣契約の派遣期間について、可能な限り長く定めるといったように、派遣労働者の雇用の安定を図るために努力する必要があります。


○労働者派遣事業の許可の欠格事由の追加
 
労働者派遣事業の許可の欠格事由として、出入国管理及び難民認定法第73条の2第1項の罪(不法就労助長罪)が追加されました。
これに該当する場合は、許可されません。
posted by 労働法 at 18:43 | 労働者派遣法>改正

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。