労働者派遣法改正 雇用の申込み義務

労働者派遣法改正 
派遣労働者への直接雇用の申込み義務について


派遣期間の制限を越えて同一業務に派遣労働者を使用しようとする場合は、派遣先に対し、派遣労働者への雇用契約の申し込み義務があります。

専門的26業種に、3年を超えて同一の派遣労働者を受け入れている派遣先が、その業務に労働者を雇入れるときは、その派遣労働者への雇用契約の申し込み義務が生じます。



○派遣受入期間の制限がある業務の場合は、制限の日を越えて派遣労働者を使用しようとする場合は、派遣先は、制限日の前日までに、派遣労働者に対して雇用契約の申込みをしなければなりません。

○派遣受入期間の制限がない業務の場合は、同一の業務に同一の派遣労働者を3年を超えて受け入れており、その業務に新たに労働者を雇入れようとする時は、その派遣労働者に対して雇用契約の申込みをしなければなりません。

○雇用契約の申込み義務に違反する派遣先に対する勧告・公表
雇用契約の申込み義務に違反する派遣先企業に対して、指導・助言の上、勧告・企業名公表をすることがあります。



posted by 労働法 at 18:23 | 労働者派遣法>改正

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。