労働者派遣法 出向と二重派遣

労働者派遣法 出向と二重派遣について


出向は、移籍出向と在籍出向に分けることができます。

移籍出向では、労働者と出向元との雇用関係は終了し、出向先と新たに雇用契約が成立します。
出向元との雇用関係がなくなるため、労働者派遣や労働者供給には該当しませんが、仕事としてこの移籍出向を行う場合は職業紹介事業として厚生労働大臣の許可が必要になる場合があります。



一方、在籍出向は出向元との雇用関係が継続している点で派遣と似ています。

この出向の場合では、労働者は出向元と出向先の両方と労働契約を結んでいます。
そのため、出向者は出向先の規則全てに従う義務があると共に、出向先でトラブルを起こした場合などは、出向先の規則で処分されることになります。

また、在籍出向が仕事として行われる場合は、職業安定法第44条により禁止されている「労働者供給」に該当し、違法行為となります。


二重派遣とは派遣元から派遣された従業員を、派遣先がさらに取引先に再派遣し就業させるような場合を言います。

この場合、派遣先と派遣労働者の間には雇用関係がありませんので、二重派遣は労働者供給に該当し、業と判断された場合、労働者供給を行ったことになり、職安法第44条違反となります。


posted by 労働法 at 06:16 | 労働者派遣法>派遣法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。