労働者派遣法 派遣と請負

労働者派遣法 派遣と請負について

労働者派遣法では、「派遣」と「請負」を明確に区分しています。
どちらも出先で仕事をするという点で似ていますが、法律的には明確に区別されています。
この区別は、請負や出向を装った違法派遣を防止し、働く人の権利を守るためのものです。


「派遣」は第2条によって、自分の雇っている労働者を、他人の指揮命令関係下で労働に従事させるとしています。
「請負」は、労働の結果としての仕事の完成を目的とするもの(民法第632条)です。


派遣との違いには、請負の場合には注文主と労働者との間に指揮命令関係を生じないという点にあります。
派遣の場合、派遣先の企業が「使用者」となり、派遣された労働者に対して指揮命令権を持つことになります。

指揮命令権とは、一般的には雇用主が労働者に対して業務上の指示を行うことのできる権限の事です。

派遣では、雇用者である派遣会社が、派遣先企業に指揮命令権を委ねるという形で、雇用関係と指揮命令関係が分かれています。

一方、請負とは仕事を請け負った請負主が、自分の会社の従業員を自ら指揮命令して、注文主から請け負った業務を行います。

請負の場合は、注文主はあくまでクライアントであり、請負で働く労働者に対して雇用関係も指揮命令関係も持ってはいません。

posted by 労働法 at 06:13 | 労働者派遣法>派遣法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。