労働者派遣法第26条 労働者派遣契約

労働者派遣法第26条 労働者派遣契約について

労働者派遣契約とは、相手方に対し労働者派遣を行うことを約する契約のことをいいます。
労働者派遣契約の締結関しては決まった事項を定め、書面に記載しておかなければなりません。

@従事する業務の内容
A従事する事業所の名称及び所在地

B指揮命令者に関する事項
C派遣就業の期間及び就業する日

D派遣就業の開始、終了の時刻並びに休憩時間
E安全及び衛生に関する事項

F派遣労働者から申し出を受けた苦情処理に関する事項
G派遣契約の解除に当たって講ずる派遣労働者の雇用の安定を図るために必要な措置関する事項

H派遺元及び派遣先責任者に関する事項
I時間外及び休日労働に関する事項
 
J派遣労働者の福祉の増進のための便宜の供与に関する事項
K労働者派遣受け入れ期間の制限を受けない業務及び物の製造の業務について行う労働者派遣に関する事項
政令業務について労働者派遣を行う場合は、政令号番号を記載

事業の開始、転換、拡大、縮小又は廃止のための業務について労働者派遣を行う場合は、その旨を記載

産前産後休業、育児休業等の代替要員としての業務について労働者派遣を行う場合は、その旨を記載

L派遣労働者の人数

posted by 労働法 at 06:11 | 労働者派遣法>派遣法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。