労働組合 パートタイマー

労働組合 パートタイマーと労働組合

会社に労働組合がなくても、個人で参加できる労働組合(ユニオン)と言うものがあり、アルバイト、パートも加入する事が可能です。

また、会社に作られる労働組合の他にも、様々な会社・事業体に働く労働者が集まって労働組合を作ることも可能です。
こう言った労働組合は「合同労働組合」と呼ばれ、「地域ユニオン」等と呼ばれる組織が各地にあります。

一方的に解雇されたり、パート・アルバイトといって簡単に雇い止めにされたり、賃金のカットや労働条件を一方的に変更されたりした場合に、労働組合の団体交渉は強力です。

社員の立場で会社と話し合いをしても、会社は話を聞く・あるいは回答をする義務はありませんが、組合ともなると団結権や争議権などの権利を有する為に組合と個人の決定的な違いがみられます。
ユニオンに加入すれば、そのユニオンが企業・事業体と団体交渉を持つことができ、ストライキ権を行使することができます。


なお、労働組合に加入したことを理由に、会社が賃金差別や無用な配置転換、解雇などの不利益な扱いをすることは法律によって禁じられています。
posted by 労働法 at 21:20 | 労働組合法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。