労働組合法第19条 労働委員会

労働組合法第19条 労働委員会について


労働委員会とは、労働組合法に基づいて設置された、労使紛争を解決する独立行政委員会で、労働組合法及び労働関係調整法に規定された権限を執行します。
使用者委員、労働者委員、公益委員の三者(それぞれ同数)で組織される独立行政委員会であり、労働委員会には中央労働委員会や地方労働委員会などの種類があります。


裁判とは異なり、無料・簡易・迅速な手続で労使関係の安定を図る事を目的とし、労働組合と使用者の間の紛争の他にも、個人の労働者と使用者の間の労働問題の場合にも解決に動きます。

労働委員会の持つ権限は、
○判定的権限
労働組合の資格審査。不当労働行為の審査と救済など。
○調整的権限
労働争議の調整。斡旋・調停・仲裁の権限など。
○立法的権限
中央労働委員会は手続きや規則を制定し公布する


なお、労働委員会は、公益を代表する者(公益委員)、労働者を代表する者(労働者委員)、使用者を代表する者(使用者委員)の三者で構成され、運営は三者の合議によって行われます。
posted by 労働法 at 21:18 | 労働組合法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。