労働組合法第2条 労働組合の要件

労働組合法第2条 労働組合の要件について

労働組合を作ることは自由で、使用者の承認は必要ありません。
しかし、その労働組合が、労働組合法上の労働組合として認められるには、要件があります。
それは、労働者が主体となつて自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体又はその連合団体であることです。

また、その為には以下の条件も必要です。
@労働者が主体となって組織していること
A労働者が自主的に運営していること
B主たる目的が労働条件の維持改善等経済的地位の向上を図るものであること
C組合規約に、組合の名称、主たる事務所の所在地、組合員の差別的取扱をしない、総会は少なくとも毎年1回以上開催する、会計報告を会計検査人による証明を受けて、少なくとも毎年1回は組合員に公表する等の規定があること
               
労働組合は、地方労働委員会で資格審査を受け、そして認められれば、労働組合法上の労働組合として認められ、法人登記をする事や、不当労働行為の救済申立てをすることも出来ます。


            
なお、次のような労働組合は、労働組合法第2条で労働組合と認められません。 
@使用者側の利益代表が参加している
A使用者側から、労働組合運営のための経済上の援助を受けている
B共済事業や福利事業のみを目的としている
C政治活動や社会活動を主たる目的としている
posted by 労働法 at 21:13 | 労働組合法

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。