労働安全衛生法 作業主任者

労働安全衛生法 作業主任者について
 
労働安全衛生法第14条

危険作業の指揮や有害設備の管理を行なう為に選任します。
労働安全衛生法施行令第6条により、作業主任者を選任すべき作業が指定され、各作業を行う事業主は、作業主任を選任し定められた職務を行わせなければなりません

また、作業主任者になるには資格が必要で、担当する作業に応じて、指定試験機関が行う免許試験に合格した者又は登録教習機関が行う技能講習を修了した者のなかから、事業者が選任します。

○ガス溶接作業主任者、ボイラー関連、高圧室内作業主任者、林業架線作業主任者、エツクス線作業主任者、エツクス線作業主任者は、安全衛生技術試験協会が、資格試験を実施しています。
その他にも各都道府県労働局指定の教習機関が、技能講習を行っています。



労働基準監督署への選任報告義務はありませんが、事業者は選任した各推進者の氏名を作業場の見やすい場所に掲示し、労働者に周知させ、作業主任者自身に腕章を携帯させるという方法が必要です。
 

作業主任者を選任しなかった場合や、業務遂行を完全に行わせなかった場合には、事業者は6か月以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。
 
posted by 労働法 at 04:00 | 労働安全衛生法>安全

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。