労働安全衛生法 安全衛生推進者・衛生推進者

労働安全衛生法 安全衛生推進者・衛生推進者について

労働安全衛生法第12条の2

安全衛生推進者や衛生推進者は、安全衛生業務に権限と責任を持つ人の指揮を受けて該当する業務を担当する人のことを言います。
安全管理者や衛生管理者の様に、安全衛生業務の技術的事項を管理する立場ではありません。

なお、似た名前の「衛生管理者」は国家資格なのですが、「安全衛生推進者」は資格ではなく、作業場での役割です。


安全衛生推進者が行なう業務は、 以下の様になっています。
なお、衛生推進者の業務はこの内、 衛生に関する部分を担当します。

○施設、設備等の点検及び使用状況の確認、これらの結果に基づく必要な措置に関する業務
○作業環境の点検(作業環境測定を含む)および作業方法の点検並びにこれらの結果に基づく必要な措置に関する業務
○健康診断および健康の保持増進のための措置に関する業務
○安全衛生教育に関する業務
○異常な状態における応急措置に関する業務


安全衛生推進者を選任すべき職場は、常時使用する労働者数が10人以上50人未満の製造業などの業種です。


安全衛生推進者、衛生推進者共に、選任される為の条件は、それぞれの実務経験が必要です。

○大学・高等専門学校を卒業後、1年以上の該当する実務の経験者
○高等学校・中等教育学校を卒業後、3年以上の該当する実務の経験者
○5年以上、実務の経験を有する者
○厚生労働省労働基準局長が定める講習を修了した者
○厚生労働省労働基準局長が上に掲げる者と同等以上の能力を有すると認めた者



事業者は選任した各推進者の氏名を作業場の見やすい場所に掲示し、労働者に周知させる必要があります。
また、事業場に専属の者を選任することになっていますが、労働安全(衛生)コンサルタント等から選任する場合は、専属でなくても構いません。

posted by 労働法 at 03:59 | 労働安全衛生法>安全

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。