労働安全衛生法  衛生管理者

労働安全衛生法  衛生管理者について

労働安全衛生法第12条

業種を問わず、常時50人以上の労働者を使用する事業所は、衛生に関する技術的事項を管理します。
なお、人数の規模に応じて2〜6人を専任とします。

選任する際には、一定の資格が必要であり、 事業の業種に応じて一定の免許または資格を有している者の中から選任しなければなりません。

○農林水産業、鉱業、建設業、製造業(物の加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業および清掃業
@第1種衛生管理者免許を有する者
A衛生工学衛生管理者免許を有する者
B医師、歯科医師等

○その他の業種
上記の資格に加えて、第2種衛生管理者免許を有する者を含みます。


なお、以下の業務のうち、「衛生」に係る技術的事項を管理する事を職務とします。

・労働者の危険または健康障害を防ぐための措置に関する業務
・労働者の安全または衛生のための教育の実施に関する業務
・健康診断の実施その他健康の保持増進のための措置に関する業務
・労働災害の原因調査および再発防止対策に関する業務
・労働災害を防ぐために必要な業務で上記のほか、厚生労働省令で定めるもの 



衛生管理者を選任すべきなのに選任しなかった場合や、業務遂行がなされない場合には、事業者は50万円以下の罰金に処せられます。

posted by 労働法 at 00:55 | 労働安全衛生法>安全

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。