労働安全衛生法 総括安全衛生管理者

労働安全衛生法 総括安全衛生管理者について

労働安全衛生法10条


総括安全衛生管理者は、事業の実施を統括管理する者で、実質的に統括に関する権限及び責任を有する者であり「工場長・作業所長」と言うような名称とは別のものです。
また、この管理者の選任要件に、学歴・資格・経験はいりません。

この統括安全衛生管理者を選任すべき事業所は次の通りです

○林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業は労働者数100人以上

○製造業、電気・ガス業、通信業、各種商品卸売業・小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業、機械修理業などは労働者数300人以上

○その他の業種では労働者数1000人以上

事業の規模は、事業別に労働者の数で区分されますが、正社員だけではなく、日雇い労働者・パートタイマー等も含めた数となります。



行なう業務は以下のものです。
○労働者の健康障害の防止
○労働者の衛生のための教育の実施
○健康診断の実施その他健康の保持増進
○労働災害の原因の調査、再発防止対策
○その他労働災害を防止するため必要な業務



総括安全衛生管理者の選任報告書の提出期限は、所在地を管轄する労働基準監督署長へ遅滞無く行なう必要があります。

総括安全衛生管理者を選任すべきなのに選任しなかった場合や、業務遂行がなされない場合には、事業者は50万円以下の罰金に処せられます。

posted by 労働法 at 00:50 | 労働安全衛生法>安全

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。