労働安全衛生法 統括安全衛生責任者

労働安全衛生法 統括安全衛生責任者について

労働安全衛生法15条
 
統括安全衛生責任者は、事業の実施を統括管理する者の中から選任し、その場所でその事業の実施を統括管理するものをさします。

また、同一場所で元請け・下請併せて50人以上の労働者が混在する事業の「特定元方事業者」は、統括安全衛生責任者を選任しなければなりません。

ただし、ずい道等の建設の仕事、橋梁の建設の仕事または圧気工法による作業を行う仕事の場合は30人以上で、選任する必要があります。


職務に関しては、指揮管理であり、以下のような事をします。

・元方安全衛生管理者の指揮
・協議組織の設置及び運営の統括管理
・作業間の連絡および調整の統括管理
・作業場所の巡視の統括管理
・関係請負人が行う安全衛生教育に対する指揮及び援助の統括管理
・業務の工程計画や作業場所の機会、設備などの配置計画の作成および機械、設備などを使用する作業に関する指導
・上記のほか、特定元方事業者及び関係請負人の労働者の作業が、同じ場所いおいて行われることで生ずる労働災害を防ぐために必要な事項
 

なお、統括安全衛生責任者を選任すべきなのに選任しなかった場合や、業務遂行がなされない場合には、事業者は50万円以下の罰金に処せられます。
posted by 労働法 at 00:47 | 労働安全衛生法>安全

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。