労働安全衛生法 安全衛生委員会A

労働安全衛生法 安全衛生委員会A


安全衛生委員会とは、労使が協力して職場の安全衛生に関する基本的事項の調査と審議を行なう機関です。

安全委員会・・・労使が協力して安全問題を調査・審議します。
衛生委員会・・・全ての業種で常時50人以上の労働者を使用する事業場に設置します。
安全衛生委員会・・・安全委員会・衛生委員会の両委員会を一緒に行う場合に設置するものです。


各委員会に関しては、労働安全衛生法で定められています。

安全委員会
@・総括安全衛生管理者またはその事業場の事業の実施を総括管理する者、またはこれらに準ずる者として指名された者(=議長)
A・安全管理者、またはその事業場の労働者で安全に関して経験を有する者

Aの半数は労働組合・労働者代表の推せんにより指名されます。


衛生委員会
@安全委員会の@と同様の者
A衛生管理者、産業医、その事業場において衛生に関して経験を有する者
Bその事業場の作業環境測定を実施している作業環境測定士

AとBの過半数は労働組合・労働者代表の推薦により指名されます。


安全衛生委員会
@安全委員会の@と同様の者
A安全管理者、衛生管理者、産業医、その事業場の労働者で安全・衛生に関して経験を有する者

Aの半数は労働組合・労働者代表の推薦により指名されます。

posted by 労働法 at 00:47 | 労働安全衛生法>安全

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。