労働安全衛生法 特別教育 安全管理者


労働安全衛生法 安全管理者の特別教育について

労働安全衛生法第19条の2では、安全管理者等に対する教育として、事業場における安全衛生の水準の向上を図るため、安全管理者、衛生管理者、安全衛生推進者、衛生推進者その他労働災害の防止のための業務に従事する者に対しての教育の必要を記しています。

これらの者が従事する業務に関する能力の向上を図るための教育、講習等を行い、又はこれらを受ける機会を与えるように努めなければならないとしており、厚生労働大臣は、前項の教育、講習等の適切かつ有効な実施を図るため必要な指針を公表するものとしています。
posted by 労働法 at 01:33 | 労働安全衛生法>安全

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。