労働安全衛生法 リスクアセスメントA

労働安全衛生法 リスクアセスメントA

労働安全衛生法におけるリスクアセスメント等を実施すべき事業場とは、安全管理者を選任しなければならない業種の事業場です。

なお、化学物質等で労働者の危険又は健康障害を生み出す可能性がある場合は、リスクアセスメント等は全ての事業場が対象となります。
 
加えて、厚生労働省は、リスクアセスメント等が、各所で適切かつ有効に実施されるよう、その基本的な考え方及び実施事項について定めた「危険性又は有害性等の調査等に関する指針」を策定しました。



安全管理者を選任しなければならない業種
 
林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業、製造業(物の加工業を含む。)、電気業、ガス業、熱供給業、水道業、通信業、各種商品卸売業、家具・建具・じゅう器等卸売業、各種商品小売業、家具・建具・じゅう器等小売業、燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業及び機械修理業
posted by 労働法 at 01:31 | 労働安全衛生法>安全

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。