労働安全衛生法 特別教育 職場の職長 

労働安全衛生法 特別教育 職場の職長について 

労働安全衛生法第60条では、「事業者は、職長等の直接指導又は監督する者に新たに就任する者に対して、安全衛生業務を遂行するために必要な教育を行わなければならない。」と定めています。

製造業等の職場では、職長は能率的な仕事の遂行と共に、部下の健康と安全を確保する重要な立場にあります。

また、建設業においても、労働災害を防止する為に、該当する現場全体を統括管理する安全衛生管理体制を必要としています。
そして、選任された安全衛生責任者は、職長としての職務だけでなく、安全衛生責任者としての職務を果たすことが求められています。
この現状を踏まえて、厚生労働省は『職長・安全衛生責任者教育』を示し、この教育を修了した者は、労働安全衛生法第60条に基づく「職長教育」に加え、「安全衛生責任者教育」を修了した者とすることが認められています。


なお、労働安全衛生規則第40条では、職長等の教育に関しての具体例を定めています。

posted by 労働法 at 01:26 | 労働安全衛生法>教育

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。