労働安全衛生法 特別教育

労働安全衛生法 特別教育 


特別教育は労働安全衛生法が定める「安全衛生教育」の一つです。
しかし、実際は使用する機械によって「免許」、「技能講習」、「特別教育」と言うようにそれぞれ必要となる事があります。

その為、実際の現場では、一種の就業制限と受け止められ、特別教育を資格業務の一つと位置づけている部分があります。
しかし、従業員の配置等を考えれば、こういった労働安全衛生法上の区分を遵守するのは良い対処法と言えます。



労働安全衛生法第59条では、安全教育として、「事業者は、労働者を雇い入れたときは、当該労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、その従事する業務に関する安全又は衛生のための教育を行なわなければならない」としています。

また、この規定は、労働者の作業内容を変更したときについても同様に教育が必要であるとしています。

加えて、事業者は、厚生労働省令で定める危険な業務に労働者を就かせる場合には、その業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならないとしています。


この条文に従って、労働安全衛生規則第36条では、特別教育を必要とする危険又は有害な業務を定めています。
ただし、特別教育の科目で十分な知識を持っている労働者は、該当する科目に関しては省略できると第37条で定められています。
posted by 労働法 at 01:26 | 労働安全衛生法>教育

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。