労働安全衛生法 産業医と条文

労働安全衛生法 産業医に関しての条文


労働者の健康を確保し、安全な職場作りの為に、事業場の規模に応じて、産業医・衛生管理者等を選任する必要があります。
また、労働者に対しての労働衛生対策を進める為に管理体制を整備しなくてはなりません。
この場合の事業場とは、企業全体ではなく、支店・営業所等、物理的・組織的にまとまっている場所を言います。

労働者を常時50人以上使用している事業場
○産業医の選任(安衛法第13条・安衛則第13条)
○衛生管理者の選任(安衛法第12条・安衛則第7条)
○産業医、衛生管理者の選任報告の届出(安衛法第100条)
○衛生委員会の開催(安衛法第18条)

労働者を常時10人以上50人未満使用している事業場
○衛生推進者の選任(安衛法第12条の2)
○衛生推進者の氏名の周知(安衛則第12条の4)


労働安全衛生法・・・安衛法
労働安全衛生規則・・・安衛則
posted by 労働法 at 02:13 | 労働安全衛生法>健康

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。