労働安全衛生法施行令 改正B 石綿障害予防

労働安全衛生法施行令 改正についてB 石綿障害予防

労働安全衛生法施行令に基づく石綿障害予防規則等も一部改正されています。
同じく平成18年9月1日に施行されました。


この中では、吹きつけ石綿の封じ込め又は囲い込み作業を行う場合に関しての規定が記されています。
○石綿等の使用の有無の事前調査
○作業計画の作成
○作業の届出
○特別教育


石綿等の切断、穿孔、研磨等の作業が伴う封じ込め等の作業について、作業場所を隔離する事が規定され、作業に従事する労働者以外の者の立ち入ることを禁止し、その旨を見やすい箇所に表示しなければならないと定められました。


石綿の封じ込め作業に関しては、石綿等を湿潤な状態にして、飛び散らないように注意し、呼吸用保護具及び作業衣・保護衣を労働者に使用させることとなりました。


その他にも、石綿が吹き付けられた建築物での作業には、石綿の外部への飛散を防ぐ為に、作業に使用した道具類は持ち出してはならない等、細かく規定されています。

これに関連して、作業記録の保存期間の延長が明記され、「作業の記録及び健康診断の結果の記録」や「作業環境測定の結果及びその評価の記録」は保存期間が30年から40年間保存に改正されました。
posted by 労働法 at 15:02 | 労働安全衛生法>改正・規則

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。