労働安全衛生法施行令 改正A 石綿

労働安全衛生法施行令 改正についてA アスベスト

石綿製造の全面禁止を前倒しする事を目的とした法改正です。

石綿等で、『政令の施行の日前に製造、又は輸入された物で、施行の日に使用されている場合は、同日以後引き続き使用されている間に関してはこの改正した法律を適用しない』という事になっています。

これは、事後法を認めない基本に沿っています。


平成18年9月1日施行された労働安全衛生法施行令の一部改正については、石綿の基準が厳格となり、『石綿若しくは石綿をその重量の0.1%を超えて含有する製剤その他の物』と言う様に、重量部分が従来の1%から0.1%へ変更されました。

また、対象となる有害物の範囲も拡大されました。


その他にも、作業主任者の選任すべき作業が、『製造し又は取り扱う作業』から『取り扱う作業』に変更されました。

『作業環境測定を行うべき作業場』、『健康診断を行うべき有害な業務』、『健康管理手帳を交付すべき業務』と言うように個別に記載されています。
posted by 労働法 at 14:59 | 労働安全衛生法>改正・規則

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。