労働安全衛生法 改正  免許・技能講習


労働安全衛生法 改正  免許・技能講習制度の見直し


職場や事業所での安全衛生の実現の為には、労働者が多様な知識や技能を取得する事が重要です。

また、事業場内における安全衛生活動にも有効であると同時に、安全衛生の確保に問題のない範囲で、免許・技能講習資格の取得を可能とする資格制度の見直しが必要と考えられています。

改正に際して、平成18年3月31日までに現行の免許を取得している場合、又は技能講習を修了した人は、これまでどおり対象業務に従事することができます。


免許・技能講習制度の変更


○クレーン運転士免許 、デリック運転士免許

クレーン・デリック運転士免許
デリックの実技教習は廃止となり、クレーン、デリックとも運転できます。
また、クレーンのみ運転できる限定免許を設けます。


○地山の掘削作業主任者技能講習、土止め支保工作業主任者技能講習

地山の掘削及び土止め支保工作業主任者技能講習に統合されます。


○ボイラー据付け工事作業主任者技能講習

技能講習を廃止し、ボイラー据付け工事を行う場合は、必要な能力のある者から作業の指揮者を定めなければなりません。


○四アルキル鉛等作業主任者技能講習、
特定化学物質等作業主任者技能講習


特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習に統合されます。
また、石綿を取り扱う作業については石綿作業主任者技能講習を分離して、新設します。

posted by 労働法 at 03:05 | 労働安全衛生法>改正・規則

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。