労働安全衛生規則 健康診断?I 労災保険

労働安全衛生法 健康診断?I 労災保険による二次健康診断


定期健康診断で、脳・心臓疾患に関連する検査項目で異常が認められる場合、労災保険(無料)で、二次健診と医師による特定保健指導を受けることができます。

この無料受診を受けるためには、一次健診で異常所見が認められた者です。
その健診は、血圧・血中脂質・血糖・肥満度の四つとなっています。

また脳・心臓疾患の症状を有していない事が必要です。


加えて、二次健診給付が受けられる病院は、労災病院、地方労働局長の指定病院等に限られています。



この健診についての労災給付の請求は、「二次健診等給付請求書」に必要事項を記入し、会社の照明を受け、一次健診の結果の写しを添付して指定病院等を経由して地方労働局長に対して行います。

なお、この労災給付に関しては、一次健診後3か月以内に請求する必要があります。



○二次健康診断
脳・心臓疾患の状態を把握するために必要な検査で、1年度につき1回に限ります。


○特定保健指導
脳・心臓疾患の発生の予防の為、二次健診1回につき1回医師による保健指導
これは、二次健診の結果、脳・心臓疾患の症状を有していると判断された場合にはありません。
posted by 労働法 at 23:15 | 労働安全衛生法>健康

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。