労働安全衛生規則 健康診断C 定期健康診断項目

労働安全衛生法 健康診断C 定期健康診断項目

労働安全衛生規則第44条の規定では、常時使用する労働者に対して、1年以内ごとに1回、定期的に医師による健康診断を実施することが義務付けられています。

しかし、定期健康診断に関しては、医師が必要でないと認める場合に省略できる項目があります。
○身長測定(20歳以上の者)
○聴力検査:45歳未満の者(35歳と40歳を除く)については医師が適当と認める聴力の検査(オージオ等)に代えることができる。
○心電図検査、血中脂質検査、肝臓機能検査、貧血検査、血糖検査は35歳未満と36歳以上40歳未満の者について省略できる。
○尿中の糖検査(血糖検査を実施した場合)




通常の定期健康診断の検査項目
○既往歴・業務歴の調査
○自覚症状および他覚症状の有無の検査
○身長、体重、視力、および聴力の検査
○胸部X線検査、および喀痰検査
○血圧の測定
○尿検査
○貧血検査
○肝機能検査
○血中脂質検査
○血糖検査
○心電図検査
   
posted by 労働法 at 22:54 | 労働安全衛生法>健康

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。