労働安全衛生規則 健康診断@

労働安全衛生法 健康診断@

労働安全衛生法は、労働者の健康に関しての規定を定めており、第66条などでは健康診断に関して記しています。
また、労働安全衛生規則の第43条、第44条に同法の実施をする為の規定があります。

会社は労働者の雇用の際と、雇用後1年以内ごとに1回、定期的に一般の健康診断を実施しなければなりません。


健康診断とは、診察および各種の検査で健康状態を調べる事で、健康維持や病気のの予防・早期発見するものです。
一方、特定の病気の発見を目的としたものは検診とよばれ、健康診断とは性格を異にしています。


健康診断では、学校や職場、地方公共団体で行われる法令により義務付けられている場合と、受診者が自分で病院にいって診てもらう場合があります。

自分で検査してもらう場合は、一般的に診断書の発行を目的としたものが多く、他にも人間ドックに代表されるように、全身の詳細な検査を行い、色々な疾患の早期発見を目的としたものもあります。


また、危険物・特定の化学物質などを扱う職種の労働者は、一般的な健康診断とは少し違い、重大な職業病の発生を未然に防ぐことを目的として、定期的に受けることが義務づけられています。
posted by 労働法 at 22:49 | 労働安全衛生法>健康

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。