労働基準法 産休の手当て

労働基準法 産休の手当てについて

産前産後休暇(産休)に関しては労働基準法によって定められている為に、取得できないという事は殆どありませんが、産休以外の部分では会社によって微妙に違ってきます。



産前産後休暇(産休)中に給料が貰えない場合には、給料の6割相当の出産手当金が支給されますが、大企業などでは給料が支給される場合もあります。


産前産後休暇(産休)、育児休暇(育休)、出産手当金育児休業給付育児休業者職場復帰給付金等の手続きは、忘れずに行いましょう。
もらえるお金は手続きしておくほうが良いでしょう。

中には期限が過ぎるともらえないものもありますので、忘れないようにしてください。

普通は会社の総務等の担当者が行なってくれますが、確認したほうが無難です。
posted by 労働法 at 17:06 | 労働基準法>休業

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。