労働基準法 違反 偽装請負・偽装派遣

労働基準法 違反 偽装請負・偽装派遣


偽装請負または偽装派遣と呼ばれるのは、人材を派遣して利益を得ているのに、業務請負など別の契約形態を装って労働者を働かせる事を言います。


会社単位で仕事を請け負うことを業務請負と言います。
例としては、建築会社が依頼された工事を、他の小さな会社などに依頼する場合が相当します。
この場合、建築会社との間で契約が結ばれており、それに沿って双方が動く事となります。



これに対して業務を請け負った会社が社員を建築会社に出向かせて、建築会社の指示の元に働かせると偽装請負になる可能性があります。
労働者は実際に命令を下す会社と労働契約をしている訳ではありませんので、労働基準法の適用外になってしまいます。

労働基準法が、労働者の最低限の権利を守る法律である以上、それが適用されない場合、劣悪な環境で働かせる事があっても、労働基準法上の責任をとる必要が無いという事にもなります。


人材派遣会社が人材を他所に送る場合は、国の許可を得る必要がありますが、業務請負であれば許可が必要ないため、人材派遣業の要件に満たないような会社が、実際には人材派遣を行なうことになります。

また、派遣が許可されていない業種に派遣している事も問題視されています。
posted by 労働法 at 02:30 | 労働基準法>違反

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。