労働基準法 賃金C 賃金の支払いの例外

労働基準法 賃金C 賃金の支払いの例外



労働基準法第24条では、労働に対しての賃金の支払いについて全額払いの原則を謳っています。
ただし、この部分に関しても例外があります。

法令に別段の定めがある場合
労働基準法では、賃金の全額払いを行なうように記していますが、税金や社会保険料などの法令に則っている場合は、控除する事が可能です。

所得税・地方税の源泉徴収を認めた所得税法・地方税法
保険料の控除を認める労働保険徴収法、健康保険法、厚生年金保険法


任意控除
本来、税金、社会保険料など法令で定められているもの以外は控除されません。
しかし、購買代金、社宅等の賃貸料、労働組合費等の控除は、労使協定を締結したうえで認められます。


posted by 労働法 at 02:04 | 労働基準法>賃金

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。