労働基準法 賃金@ 第24条

労働基準法 賃金@ 第24条

労働基準法第24条では、労働に対しての賃金の支払いについて規定されています。

賃金の支払い方法は、原則として以下の五つになります。

@通貨払い
A直接払い
B全額払い
C毎月1回以上払い
D一定期日払い
 

この様に、賃金は、全額を通貨によって労働者に直接、毎月1回以上、一定の期日を定めて支払わなければなりません。

なお、税金、社会保険料など法令で定められているもの以外のものを天引きする場合は、労使協定の締結が必要となります。


しかし、実際には労働者に直接お金を支払うと言う形式ではなく、銀行振り込みが主流です。
この場合、以下のような一定の条件が必要です。
@労働者の同意
A労働者本人の名義の預貯金口座へ振り込む
B所定の支払日


退職手当の支払いについても、労働者の同意を得た場合には、以下の方法も可能です。
○銀行や金融機関の小切手の交付
○銀行や金融機関が支払保証をした小切手の交付
○郵便為替の交付
posted by 労働法 at 02:01 | 労働基準法>賃金

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。