労働基準法 年少者の保護C 変形労働時間の例外

労働基準法 年少者の保護C 変形労働時間の例外


基本的に年少者には変形労働時間は使用できないのですが、例外として、適用できる変形労働時間制も存在します。

労働基準法第60条の規定では、使用者は、満15歳以上で満18歳に満たない者については、満18歳に達するまでの間(満15歳に達した日以後の最初の3月31日までの間を除く。)、次に定めるところにより、労働させることができるとしています。

○1週間の労働時間が法定労働時間を超えない範囲内において、1週間のうち1日の労働時間を4時間以内に短縮する場合において、他の日の労働時間を10時間まで延長することができる。

○1週間について48時間以下の範囲内で厚生労働省令で定める時間、1日について8時間を超えない範囲内において、1箇月単位の変形労働時間制又は1年単位の変形労働時間制により労働させることができる。
posted by 労働法 at 01:42 | 労働基準法>労働時間

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。