労働基準法 年少者の保護B 変形労働時間

労働基準法 年少者の保護B 変形労働時間

労働基準法第32条では、労働者の労働時間についての規定があり、変形労働時間などの決まりが記されています。


労働基準法第60条では、第32条の2から5まで、第36条・第40条の規定は、満十八歳に満たない者については適用しないと定めている為に、以下の変形労働時間制は、18歳未満の者には適用できません。

@変形労働時間制
Aフレックスタイム制
B36協定による時間外・休日労働
C法定労働時間・休憩の特例


また、児童の労働時間に関しても規制があります。
@修学時間を通算して、1週間について40時間を超えて労働させてはならない。
A修学時間を通算して、1日について7時間を超えて労働させてはならない。
posted by 労働法 at 01:41 | 労働基準法>労働時間

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。