労働基準法 年少者の保護A 労働時間

労働基準法 年少者の保護A労働時間

18歳未満の者に対しての深夜の労働は、基本的に禁止されていますが、一定の条件下で認められています。

労働基準法第61条では、深夜業に対する注意点として、 使用者は、原則として満18才に満たない者を深夜(午後10時から午前5時までの間)に使用してはならないとしています。

この例外として、以下の条件があれば深夜労働させても良い事になっています。

○交替制によって使用する満16才以上の”男性”
○8時間完全2交替制の事業場については、行政官庁の許可があれば、男女問わず午後10時30分まで労働させることができます。
○災害等のため臨時の必要がある場合
○農林水産業、保健衛生業、電話交換の業務
○厚生労働大臣が認めた場合は、地域又は期間を限つて、深夜に働かせる事ができる時間を午後11時から午前6時とすることができます。


ただし、使用者は、満18才に満たない者を坑内で労働させてはならないと言う規定がありますので、上記の要件を満たしていても働かせる事はできません。

posted by 労働法 at 01:41 | 労働基準法>労働時間

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。