労働基準法 就業規則E 周知

労働基準法 就業規則E周知
労働基準法第106条では、作成した就業規則は、各労働者に配布したり、各職場に掲示する等して労働者に周知させる事を記しています。


就業規則は、労働者の労働条件や職場で守るべき規律などを定めたものなので、労働者全員に知らせる必要があります。
一人ひとりに就業規則を配る事が一番ですが、各職場の見易い場所に掲示する等して周知徹底させれば問題ありません。

また、この周知方法として、就業規則を記録媒体に記録して、簡単に労働者が見ることが出来るのであれば、問題ありません。


事業所に置いておかず、本社やその他別の場所に保管していると言うのは、労働基準法違反になります。


特に、新しく就業規則を作成したり、内容を変更した場合は、全員に早急に周知する事が必要です。

posted by 労働法 at 01:27 | 労働基準法>改正・規則

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。